愛知ビジネスポータルサイト運営委員会ブログ: 2010年6月アーカイブ

2010年6月アーカイブ

モンドセレクション2010「愛知ビジネスパークいざ検索!」参加企業、製粉・製めん業の株式会社 金トビ志賀にて昨年から販売している「金トビ夏味(なつみ)のうどん」が、食の国際品評会[モンドセレクション]金賞を受賞しました。 

 

 

■今回、同社の受賞に伴い営業部の志賀裕志様より

 様々なお話を伺いました。 

 

●まずは御社の沿革について教えてください。

  

当社は大正6年に志賀八五郎が創業し、以来92年余りうどん用小麦粉の製粉、乾麺の製造を行ってきた「全国唯一の麺用小麦粉専門メーカー」です。日本全国の手打ちうどんの名店からの引き合いも多く、うどん用小麦粉専門ゆえの高品質に厚い信頼を頂いております。

原料小麦の仕入れから製粉・製麺までを自社で一貫して行い、伝統の小麦粉と塩・水だけでつくるのが「金トビめん」の特徴です。また、無添加で安全安心な商品づくりにもこだわっています。

 

 

●御社の商品に対するこだわりや製造における工夫を教えて

 ください。

 

小麦粉当社は粉も麺もそうですが、手間をかけた丁寧な仕事を心がけています。生産効率を求め、省いてはならない工程、ゆっくり丁寧に仕上げなくてはいけない作業を、機械式になった現在でも理論は変えずに守り続けています。

小麦粉は、石臼製粉からロール式製粉に変わって大量に麦を挽くことが可能になりました。しかし、機械から発する熱は小麦粉の風味を落とすので、熱が上がらないように機械をゆっくり起動させ、一粒一粒を丁寧に挽いています。

麺は、手打ちうどんの技術に習って機械を独自に改良して製造しています。美味しい麺造りは、すべて手打ちが基本です。この機械は手打ちのどの工程を助けているかを知っていることが本当に大切なことです。

 

  

 

●近年消費者が重視している「食の安全・安心」について、

 御社ではどのようにお考えでしょうか。

  

消費者の食品安全への高まりに対し真摯に受け止め、弊社では、製粉・製麺工場とも平成18年度からISOに取組み品質の安定と向上に取組んできました。4年間かけ会社が変わってきているなと思うのは、社員一人一人が食の安全・安心について意識を深めてきたこと。会社全体で改善・防止に取り組み、内部から改善提案が出てきたことです。金トビ志賀の「食の安全・安心」について次の段階に入ろうとしていると思います。

 

 

●この度モンドセレクション金賞を受賞した「夏味のうどん

 特長をご紹介ください。

 

 

夏味のうどん「夏日記」「夏味のうどん」は、これからの暑い季節に最適な、冷たいうどんメニューにぴったりのうどんです。もっちりとした食感と麺のボリューム感、そしてのど越しの良さが特長で、ざるうどんやサラダうどんなどの新しい食べ方を提案しています。

 

  

 

 

●「夏味のうどん」の開発に取組んだ経緯を教えてください。

 

 

夏味うどんざる

 

「夏味のうどん」の開発は量販店等に営業をしている社員らの、「夏場のそうめんやひやむぎと並ぶ季節感のあるうどん商品をつくったらどうか」という提案から、商品化されました。なぜならば、夏でもうどんを好んで食べている方は、結構多くいらっしゃるからです。

 

 

 

●「夏味のうどん」の開発の際に意識したことはなんでしょう。

 

夏味うどん豆乳夏の暑い日でものど越しがよく、夏の冷たいうどんメニューに合う麺の形状にしたいと思いました。また、暑い日に10分以上の茹で時間は調理する方が大変です。なるべく1分でも早く茹で上がることと、麺の食感を良くするため厚みを持たせることの2点のバランスを考慮して開発しました。

麺の形状は、つゆ乗りが良くなるよう平打ちにし、のど越しが少しひっかかるようにし、単調なのど越しを抑えました。  

パッケージの裏面には、一般的な食べ方のほかに、夏の冷たい簡単うどんレシピ「豆乳トマトうどん」という金トビオリジナルメニューを載せ、新しいメニューの発信も行いました。これが結構好評です。       ■新しいレシピ■

                           豆乳トマトうどん   

                                             

 

■今回の志賀様のお話から、同社が長年品質にこだわり続けてきたことと、消費者の目線に立った商品開発に真摯に取組み続けてきたことが、今回のモンドセレクションにおける金賞受賞につながったと伺われました。

 

 

■当社のホームページはこちら↓

  

㈱金トビ志賀 

愛知ビジネスパークいざ検索!参加企業業務用無線システムを扱う音羽電子システム株式会社の商品が、東日新聞で紹介されました。

 

来年4月から乗客の生命や顧客の財産を預かる運送業などの運転手の飲酒運転追放を目的とし、乗務前の飲酒検査が義務付けられます。

これをうけ、愛知県トラック協会では、多発する飲酒運転を根絶するため運送業や公共交通機関などの乗務員を対象に、運転を始める前にアルコール検査を行う検査装置購入時の9割の助成制度の受付を開始しています。

また、愛知県トラック協会では、昨年同様、トラックに搭載するカメラ付き運行記録装置「ドライブレコーダー」に車載器1台あたり30,000円、ソフト1個あたり100,000円の助成を実施、デジタル式運行記録装置「デジタルタコグラフ」の機器ソフト購入費用には9割の助成を実施しています。

 

【愛知県トラック協会エコ・ドライブ等支援機器導入支援事業】

リンク → http://www.aitokyo.jp/top/frame_member.html

 

 

【 同社製品のご紹介】                                      

アルコール検知器 音羽電子システム□アルコール検知器

検知器に息を吹きかけ、数秒後には飲酒状況を検知するもので、飲酒状況を判断するものから飲酒を検知するとアルコールインターロック装置によりエンジンがかからなくなるものや、出発から乗務中までの動作記録を一括管理するものまであります。

 

□ドライブレコーダー

カメラ付き運行記録装置で、急ブレーキや衝突で自動的に前後数十秒間映像を記録するなど、運転者は常にチェックされることを意識、安全運転に役立ちます。タクシー業界やトラック業界でご好評いただいております。

 

□デジタルタコグラフ

走行距離、加速、減速状況などを記録し、安全運転管理を目的に安全運転や経済走行を徹底することができます。

 

【お問い合わせ・申込】

音羽電子システム株式会社

TEL0532-32-4523

7月3日から蒲郡商工会議所にてWEB活用型 経営革新塾 2010がまごおりが開講いたします。
内容は昨年好評でした㈲アイ・リンク・コンサルタントの加藤氏を講師に迎え、5日間に亘る講座期間の中で、実際に自社ホームページを作成するものです。今年は、昨年参加いただいた企業向けに新たにステップアップコースを設け、2コースにて開催します。これからホームページの開設を検討されている方、ホームページ構築を基礎から学びたい方、既存の自社ホームに不満をお持ちの方等、是非ご参加下さい。

 

パンフ(プレ版02)_経営革新塾2010がまごおり-1.jpg

パンフ(プレ版02)_経営革新塾2010がまごおり-2.jpg申込はコチラのPDFをご参照下さい。→ パンフ(プレ版02)_経営革新塾2010がまごおり.pdf

■お問い合わせ先
 蒲郡商工会議所
 TEL0533-68-7171
 FAX0533-68-0339
 担当:松岡

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31